1/4

鼻ゆれ天狗張子 〜遠州大念仏〜|高さ約15.5cm

¥11,800 税込

予約商品

発送予定:2024年7月29日 〜 2024年7月30日

※この商品の販売期間は2024年7月19日 21:00 ~ 2024年7月23日 00:00です。

別途送料がかかります。送料を確認する

<遠州夏の風物詩>
 遠州の赤物であり、福寄せ天狗のてんぐちゃんが、七月に行われる「遠州大念仏」スタイルに変身。「トッタカ」とも親しまれ、徳川家康と武田信玄が戦った「三方ヶ原の戦い」の死者を供養する念仏踊りで、市の無形文化財でもります。お盆の時期、各団体ごとの衣装をまとい、鐘や太鼓にあわせ踊り供養します。ウナギをあしらった帯がおしゃれポイントです。

<材料>
和紙、糊、紙粘土、胡粉、絵の具、ニスなど

<張り子について>
張り子とは、ダルマや赤べこのような和紙を使った中が空洞の置物。
製作工程で「かわかす」事が多いため、「遠州のからっ風」と言われるように風が強く、日照時間が長いこの土地では昔から張り子の文化が残ります。
また遠州のアイコンである「天狗」がモチーフな事で「おらがまちのもの」として愛されています。

<天狗屋の作品について>
遠州のアイコン「天狗」をモチーフに制作しています。
すべて作家の手仕事のため写真と少し異なる場合もございますが、それぞれの作品だけのもつ表情・風合いも含めお楽しみ頂ければ幸いです。

- - -
<遠州の郷土玩具として>
静岡県西部「遠州(えんしゅう)」の象徴である「天狗」をモチーフとした郷土玩具です。

天狗の子供が来る所には人が集まると言われ「福運びの象徴」であり、「遠州の赤物」として「無病息災」「疫病退散」を願う役割も

遠州は日照時間が長く、「遠州のからっ風」と言われる強い風が吹くため、「乾かす」という工程の多い「張り子」や「手びねり人形」の制作に向いている土地です。

風土を生かし制作する事で本来の土地の顔が見え、
また、100年後、1000年後の人達が歴史を辿るきっかけにできるのも郷土玩具の魅力でロマンがあるなあと思っています。

土着の神々に思いを馳せ、風土を生かし1つ1つ手仕事で作った八百万の神の国ならではの縁起物です。

天狗の風が皆様の追い風となる事を、心よりお祈り申し上げます。

初代天狗屋 坂田吉章

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥11,800 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品