1/2

遠州てびねり人形 〜巣立ち燕〜|高さ約5cm

¥3,000 税込

予約商品

発送予定:2024年7月29日 〜 2024年7月30日

※この商品の販売期間は2024年7月19日 21:00 ~ 2024年7月23日 00:00です。

別途送料がかかります。送料を確認する

<季節の遠州探鳥シリーズ>
遠州は福寄せ天狗「てんぐちゃん」にとまるは、夏鳥「燕」。
春に日本に来て、子を生み育て夏になると巣立ちます。
雛がスクスクと育つ様子から、古来より「成長」のシンボルでもあり、子供の成長、自分の成長、事業の成長を願う縁起の良い鳥です。
また、燕が軒下で巣を作るという事は「悪しきがない」証明であり、幸運のシンボルでもあります。

<手てびねり人形について>
専門的な道具は使わず、手でひねって作った小さな玩具です。
もともと江戸玩具として有名で、大きい玩具がぜいたく品と禁止された江戸時代、とがめられないぜいたく品として職人が技を込め小さい玩具を作ったのだとか。まさに「江戸の洒落」とも言えるかもしれませんね。

<天狗屋の作品について>
すべて作家の手仕事のため写真と少し異なる場合もございますが、それぞれの作品だけのもつ表情・風合いも含めお楽しみ頂ければ幸いです。

<材料>
紙粘土、紙、胡粉、絵の具、ニス

- - -
<遠州の郷土玩具として>
静岡県西部「遠州(えんしゅう)」の象徴である「天狗」をモチーフとした郷土玩具です。

天狗の子供が来る所には人が集まると言われ「福運びの象徴」であり、「遠州の赤物」として「無病息災」「疫病退散」を願う役割も

遠州は日照時間が長く、「遠州のからっ風」と言われる強い風が吹くため、「乾かす」という工程の多い「張り子」や「手びねり人形」の制作に向いている土地です。

風土を生かし制作する事で本来の土地の顔が見え、
また、100年後、1000年後の人達が歴史を辿るきっかけにできるのも郷土玩具の魅力でロマンがあるなあと思っています。

土着の神々に思いを馳せ、風土を生かし1つ1つ手仕事で作った八百万の神の国ならではの縁起物です。

天狗の風が皆様の追い風となる事を、心よりお祈り申し上げます。

初代天狗屋 坂田吉章

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,000 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品